ヤミ金やサラ金について

サラ金でお金を借りる場合、計画的に利用しているのであればそれほど大きな問題にはなりません。銀行と比べると金利は高くなりますが、現在は法改正でグレーゾーン金利が適用できなくなっているので危険性は少なくなっています。サラ金を題材にした漫画などの影響で印象が悪くなっていますが、一般的な消費者金融のことであり、国から正式な許可を得て営業しているものです。銀行では行えない即日融資に対応しているなどのメリットもあります。

 

ヤミ金・闇金に関しては完全に違法な悪徳業者であるので危険です。トイチと呼ばれるような高金利でお金を貸しているので利息の負担が大きくなり、返済できなければ強引な取り立ても行われます。法律上は違法な融資は元金も含めて返済しなくても良いことになっていますが、借り入れは両者の合意で行われているので民事不介入の扱いになり、警察は積極的に対応をしません。対応するには弁護士に依頼する必要がありますが、断られる場合もあるので、ヤミ金・闇金は利用しない方が良いです。

 

通常は利用する機会はありませんが、個人再生や自己破産などで官報に掲載されてしまうと、それを見たヤミ金・闇金が勧誘をしてくるため、騙されないように注意しましょう。