年金受給者がお金を借りたい場合

65歳以上の高齢者は、生活費がかさんでしまいお金が必要になることも多いですが、年金受給者でもキャッシングが利用できるか知っておきたい人が増加しています。銀行カードローンは審査基準が厳しいため、定職に就いておらず、年金のみが収入の場合は融資を断られるケースがほとんどです。

 

消費者金融の場合も年金のみが収入の場合は、生活に余裕がないと判断されることが多く、キャッシングの利用を断られることが多いです。現代は60歳を過ぎても仕事を続けている人が増えていますし、アパートやマンション、駐車場経営などで収入があったり、自営業などで収入がある場合はキャッシングが利用しやすいです。

 

大手消費者金融や銀行の場合は、年金のみが収入の場合は基本的には融資は受けられませんが、地方の消費者金融の場合は60歳を超えていても、一定の基準を満たしていると利用できるケースもあります。

 

消費者金融や銀行は65歳以上の人には、融資を断っている所が多いため、キャッシングが利用できない場合もあるので注意をして下さい。
年金受給者の場合は会社員やパート、アルバイトの人に比べると、利用できる金融機関が少ない傾向があります。
年金以外に収入のある人は、一度審査を受けてみると良いでしょう。