カードローン申込み時に必要な書類とは

お金を借りる際に必要なものは借入書類、印鑑証明、身分証明書、給料明細、健康保険証、さらに担保、連帯保証人です。書類と印鑑証明と身分証明で借りる人が逃げたりしないように特定します。万一の際に借りたまま逃げられてしまうと貸した機関の損失として出てしまうのでそれを防ぐためです。

 

給料明細は借りた人が返済しきれない額を貸してしまい破産されることを防ぐ目的でいくらまで貸すかを業者が決定するための示準になります。担保は万一利用者が現金での返済が不可能な状態に陥った時に差し押さえるものとなり、家や車など資産価値が認められる場合には払いきれない際に押収されます。

 

連帯保証人ですが本人だけでの返済が差し押さえをした後でも不可能な際に連帯保証人に差額を支払ってもらうことになっています。多くの場合は親族に限定されますがこの連帯保証人の収入によっては借入額が増えることもあります。どうしても多くの額が必要な際には連帯保証人の給料明細なども用意しておくとよいでしょう。

 

万一の際にしか連帯保証人が負担することはありませんがもちろん利益なしにリスクを負ってもらうことになるので連帯保証人をお願いする場合には電話などではなく実際に会って口頭でお願いしましょう。

 

キャッシングの審査って通りにくい?

「お金を借りる 審査」とネットで検索すると審査通らないや審査が甘いといった多くの口コミが存在します。キャッシング審査に落ちた場合、理由を聞いても教えてくれる金融機関はほぼありません。ただある会社のカードローンの申し込みでは相手にしてもらえなかったが、別会社のキャッシングではすんなり審査が通ったという場合もあります。

 

キャッシング審査はどの金融機関も調べることはほとんど同じとされていますが、通過基準に若干の違いがあるためこのようなことが起こります。審査が甘いところは基準が比較的低めに作られており、審査が通らないところはその逆の現象が起きているのです。

 

キャッシング審査で具体的に見られているのは大きく2つです。1つが現在の年収ともう1つはこれまでの借り入れや返済履歴です。総量規制が関係してくると年収がない方は残念ながら申し込みすらできません。また逆にどんなに年収があったとしても、残っている借金が膨大である、借金は残っていないが借りているときに返済が遅延していたなどの情報があれば審査の際に不利になります。

 

キャッシングの審査は、この他にも就業年数や就業先の属性も判断に入れられます。総合的な判断の結果と言われることが多い審査結果ですが、このように本当に多くの指標を持って審査をしています。