身内や同僚など親しい人からお金を借りる場合

どうしてもまとまったお金が必要である時、身内や同僚にお金の貸し借りを申し込むというケースがあります。身内というと様々ですが、おばあちゃん、祖母、祖父、そして両親や兄弟、友人などが大まかに言ってその範囲に含まれると言えます。また身内の範囲を超えて上司、同僚にお金を借りたいという人もいるでしょう。

 

しかしながら、このケースでは身内という甘えが出てしまい、トラブルに発展するケースが跡を絶ちません。消費者金融や銀行にお金を借りた場合、利息が発生しますが、身内にからお金を借りた場合、身内に対する対応の甘さから十分な取り決めをせずにお金を貸してしまい、返済されないと行ったトラブルに見舞われることが頻発しています。弁護士を立てて借用書を作成すると行ったきちんとした手続きに則ってお金の貸し借りが行われないために、結果としてか下側の身内が泣きを見ることが多いのです。

 

よって、いくら身内だからといって気軽にお金を貸したり、またはお金を借りたりすることはトラブルのもととなるのでできれば控えたほうが得策です。身内だからこそお金の問題を発生させずによりよい関係を気づくことが大切です。身内間のお金の貸し借りには注意が必要です。