銀行カードローンVS消費者金融:お金を借りるならどっち?

銀行カードローンでお金を借りる

銀行でお金を借りる場合、審査は厳しめになっていますが、その分他の金融機関を利用した時に比べると適用される金利が低めに設定される傾向です。その為、少額しか借りない場合はそれ程違いが分かりませんが、ある程度まとまった金額を借りた場合、完済した時に返済総額にも大きな差が出てくる事も少なくありません。

 

銀行系と言われるのは銀行だけでなく、ゆうちょや農協等もこれに当たります。管理しているのは銀行法なので、貸金業も営んでいますが、貸金業法は一切関係ありません。だから貸金業法の中のルールである総量規制の対象にもならない為、仕事をしていて安定した収入がある人だけでなく、収入がなくて貸金業法が適用される金融機関での融資は不可とされてしまった人でも、銀行系であれば融資を受ける事が出来ます。

 

ただ、銀行系は確かに総量規制の対象とはならない為、収入がない無職の人、専業主婦の人などの利用も可能です。しかし総量規制は関係ありませんが、どれだけでも好きな額を借りる事が出来るという訳ではありません。無理なくその人の返済できる範囲内でお金を返していく事になるからです。だから収入があればその収入の範囲内での借入が出来ますが、無職の場合は借入限度額も少なめに設定されています。

 

消費者金融でお金を借りる

急なお金のピンチになると消費者金融の存在は頼もしく感じます。でも、どこで借りればいいのか決めるだけでも大変です。大手は名前は知っていて安心感はありますが、審査が厳しいのではないか、審査が遅いのではないかなど不安に思うこともあります。

 

そこで身近で近場で済む中小の消費者金融を利用するのも1つの方法です。最近では中堅の業者でもサービスに力を入れていることが多くなり、大手とそんなに大きく違うといったこともなくなってきています。そのため、自分にとってより快適で、安心で利便性に富んだ業者を選ぶことがメリットを大きくするポイントになっています。

 

中小の業者だと対応も早いですし、直接個人的な事情を伝えて臨機応変に考えてもらうことができることが多く、きちんと1対1で対応を進めることができるのは安心感があります。また、審査基準は各社いろいろと決まっているので一概には言えませんが、柔軟な対応で相談にのってくれることが多いので中堅の消費者金融も選択肢に入れておくと良いでしょう。お金の必要な時な時間もないですし、急いでいることも多いのでスムーズに対応してくれることが一番のポイントです。意外と身近なところに優良な業者はいるものです。

キャッシングのよくある質問

利息無しでお金を借りたい場合は?
融資を受ける際、通常は借り入れ額に対して金利分を加えた額を返済する形となっています。その金利分が金融機関にとっての収入となるからです。しかし、現在では一定の条件を満たしている場合に限り、利息なしでお金を借りる事が出来ます。

 

全ての金融機関が扱っているサービスと言う訳ではありませんが、初めてその金融機関を利用する場合に限り、利息なしでの借入が出来るとなっている所は珍しくありません。しかし無利息期間はずっと続くわけではなく、1週間、30日、180日等その金融機関によってもルールが違っています。もちろんその無利息期間に完済する事が出来れば、借り入れ分だけの返済で済む為、融資希望者としても非常に便利なサービスと言えます。

 

ただ無利息期間が過ぎてしまってもまだ完済できていない場合は、通常の金利が適用されます。その為、借り入れ額だけを返済して終わらせたい場合は、必ずその期間内に完済できる金額だけを借りるようにするのが基本です。また利息なしでお金を借りる事は出来ますが、その細かなルールは金融機関によっても違っています。借り入れ額の上限が定められいる場合も有るので、無利息のサービスを利用したい場合は細かなルールも予め調べてから申し込みます。

土日でもお金を借りたい場合は?
土曜日、日曜日に急にお金が必要になった場合には、お金を借りると利用すると良いです。atmを使えば24時間いつでもお金を借りることが可能ですが、お金を借りるには事前にatmで審査を受ける必要があるので注意しましょう。事前に必要な審査を受けるのには簡単で、少額であれば身分証明書があれば良いです。

 

高額のお金を借りたいという場合には、収入を証明するものが必要になるので、事前に準備をしておきましょう。atmは駅の近くや郊外の場合には大きな幹線道路沿いにあるので、近くにあることが多いです。個室の中にatmがあるようになっているので、誰にも見られることなく周りの人を気にせずに利用ができます。

 

機械の操作も簡単になっていて、タッチパネルでどのように操作をすれば良いのかわかるようになっているので、機械が苦手という人も戸惑うことなく進めるようになっています。審査が終わると土曜日、日曜日でも24時間いつでもカードを利用して、お金を借りられるようになります。専用のatmだけでなく、提携している銀行のatmからも利用できるので、気軽にお金を借りてみましょう。お金を返すときにも同じatmを使えるので、手間もなくお金を借りられます。

母子家庭のママがお金を借りたい場合
母子家庭の場合は、借金の支払能力のなさを審査されてしまうので、消費者金融会社からお金を借りることは非常に難しい場合が多いです。そのため、一般的に消費者金融会社ではなく銀行からお金を借りることが良いでしょう。

 

最近の銀行はマイナス金利政策によって、利益を得ようと活動しているところが特徴的で、どのような人間であっても、これまでブラックリストに掲載されたことがない方であれば簡単な審査ですぐに融資を受けてもらうことができるでしょう。ただし、利子に関しては注意が必要で、特に最近の銀行は利益を得ようとしているので、利息が高い傾向にあります。そのため、事前に返済のプランを考えた上でお金を借りることが重要になるのです。

 

利息を気にしないで、お金を手に入れたいのであれば、親戚や身内、または親からお金をかりると良いでしょう。利息なしで借りることができるだけでなく、審査も特にないので、母子家庭であっても問題はありません。子どもに影響がない範囲で借金をすることができるので、将来性もある点が良いです。それだけでなく、返済期間も長期に設定することができるので、返済もしやすいです。ただし、信頼されている方でないと成功しないデメリットがあります。

総量規制とは?総量規制対象外とは?
総量規制とは貸金業法において、債務者が年収の3分の1以上の借り入れを行うことが出来ないように定められた規制のことをいいます。以前、高金利で過度な貸し付けを行う業者が多かったことから多重債務に陥る人が続出し、自己破産に追い込まれる人もいたことから規制が強化されるようになりました。例えば、年収が300万円の人であれば、100万円以上お金を借りることはできません。

 

また、総量規制によって専業主婦のように収入がない場合には、お金を借りることは出来なくなりました。ただし、配偶者の同意があればその限りではありません。配偶者の同意書と夫婦関係を証明する書類があれば、配偶者の年収の3分の1までは借り入れることができます。

 

また、総量規制の対象となるのは消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者のみとされています。銀行や信用金庫といった金融機関も貸し付けを行っていますが、貸金業者には該当しません。銀行や信用金庫は銀行法という法律によって規制されており、銀行のカードローン等は総量規制対象外になります。それから住宅ローンや車を購入する際のローンなども総量規制対象外です。年収の3分の1を計算する際にこれらのローンは含まれません。

キャッシングの申込み年齢っていくつ?
金融商品を申し込める年齢の目安としては成人と未成年があります。未成年とは日本では満20歳未満のものを指しており、民法上は制限行為能力者とされています。この制限行為能力者は自身の判断として契約を結ぶことができず、必ず保護者による同意が必要になります。

 

金融機関のうち信用力を必要とするサービスを利用する場合には実際のところ何歳からと言われれば年齢が20歳以上であることが最低条件であり、ほとんどの金融サービスでは利用条件を20歳以上としています。また未成年者が申し込める運転免許などの費用を分割払いで支払うショッピングローンであっても保護者が連帯保証人となる必要があるため実質的には単独で契約することはできません。

 

一方でキャッシングなどローン商品は20歳以上であれば誰でも申し込みは可能ですが、申し込みには審査が必要で審査では、本人の返済能力の有無が審査されます。返済能力があれば年齢が20歳でも利用可能ですが、実際のところ20歳の時点で利用するためにはすでに働いている場合や、大学生でもアルバイトなどで一定の収入があることが条件です。また若年の場合には社会的な信用力も低いため借りられるお金の金額も限られます。

無職でもお金を借りる方法について
経済的に困った時に「お金を借りたい」と思っても、その場で誰もが借りれるわけではありません。信頼性を確かめるための審査は必ず行わなければならないので、相手の過去や個人情報によってはキャッシングが不可能なケースもあります。

 

まず大切なのはお仕事をしていて、安定的な収入を得ているという事が条件となるのです。「無職でもキャッシング出来るのか」と考える方もいるかもしれませんが、無職である以上はお金を借りれません。無収入で返済の見込みが無い人に貸すのは、金融会社としてもリスクがありますからね。

 

もちろんパートやアルバイトで定収入でも安定したお給料を貰っているのであれば、無職では無いのでクリア出来るでしょう。

 

また「個人事業主」として、オークションやフリーマーケット等で生計を立てている場合でも大丈夫です。自営業とみなされるので、お勤めしていなくとも無職扱いではありません。しかし個人事業主の方は、借入額が大きい場合のみ前年度の確定申告書を提示する必要もあるので、予め用意しておきましょう。ただしギャンブル等で得た利益は安定した収入ではありませんので、認められません。キャッシング業者によっては、働いていない専業主婦の方でも借りられる事があります。

ブラックでお金を借りる方法ってあるの?
返済の延滞や債務整理などの問題を起こすと個人信用情報機関に記録され、この状態を一般的にブラックリストに載っていると呼んでいます。カードローンなどの審査で参照される記録なので、銀行や大手の消費者金融では信用を得られなくなり、審査に落ちます。しかし、ブラックでもお金を借りる方法がないわけではありません。

 

利用する対象になるのはブラックOKになっている中小の消費者金融ですが、必ず借りられるものではないので注意が必要です。まず、ブラックの要因が過去のものであることは最低条件であり、現在も延滞が継続していればブラックOKの消費者金融でも審査に落ちます。ブラックの要因も自己破産は認めないなど制限されていることがあるため、条件を確認しましょう。

 

ブラックOKでも、正確に言えば返済能力があれば認める場合がある、という意味合いなので実際にブラックの人が申し込むと落ちる場合がほとんどです。また、このような消費者金融は申し込みの際に返済の延滞や債務整理の経験を質問する項目が申し込み書に存在していますが、正直に記載した方が良いです。質問しなくても個人信用情報機関を見れば分かることであり、正直に申告するか確認している項目なので、虚偽の回答をすると審査に落ちる原因になります。

自己破産した人がお金を借りたい場合は?
カード支払いを当てにして買い物ばかりしていたり、ローンを組んでばかりいて支払いが困難になってしまうような時は自己破産になってしまうようなこともあるでしょう。自己破産したらクレジットカードを作ることもできませんし、銀行の口座も開設できなくなってしまうものです。

 

ですから自己破産後にお金を借りたいのであれば、自分で借りるのではなく、自己破産もしていない、借金などもかさんでいない友人や知人に借りてもらって、その借りたお金を貸してもらう、というような方法しかないでしょう。ですが自己破産しても年月が経てばまた審査に通り、借りられることもあります。ですがそうなるまで無一文で生活していくのは大変ですから、自分の手持ちのお金だけで生活していけるように自立する力を高めていくことというのが必要です。

 

自己破産したらお金もなく財産も失いしますし、そのほか自分の信用も失うことになるのでできるだけ避けなければなりませんが、いくつかの金融機関から借りてどうにもならなくなったら一度リセットしてやり直すという意味でも、自己破産という形を選んでいく人は少なくないものです。できるだけ生活していけるように再生の道を自分でも探しましょう。

電話連絡なしでお金を借りたい場合
お金を借りるには基本的に在籍確認が必須になると考えてよいです。会社に電話がくるのは当たり前のことで、在籍確認、電話なしのローンを見つけるほうが難しいです。勤務先に連絡がくるとローンの利用がバレると思うかもしれませんが、この点はプライバシーを配慮してくれるので問題ありません。個人名で連絡がくるので、在籍確認の目的を知られることはありません。

 

電話連絡なしでお金を借りるのは簡単ではありませんが、一部の金融機関では在籍確認、電話なしのところもあります。ただし確実に行われないわけではなく、申込者の信用力に問題ありと判断されると会社に電話がくることはあります。基本的に希望額を大きくするほど、審査のハードルは高くなると考えてよいです。10万円の借入だと勤務先に連絡がこないかもしれませんが、50万円だとくるという感覚です。

 

在籍確認でローンの利用がバレることはないので、勤務先情報に偽りがないのであれば堂々していれば問題ありません。むしろ在籍確認は極度に敬遠していると、嘘をついていると思われることがあります。在籍確認は1〜3分程度で完了する簡単なもので、ローン申込者が在籍しているとわかれば終わりです。逆に言えば無職なのに仕事をしていると偽って申込してもバレるわけです。

更新履歴